スタッフのお勧めプラン-4

転職を機に、自分探しや傷心を癒しに、そんなあなたに。もえぷらん
(サウスビレッジゲストハウス7泊)

プランニングのコツ

  • サウスビレッジゲストハウスは7泊以上で宿泊料がオトク!のんびり滞在には嬉しいですね。
  • ガイドを利用する場合は事前に予約が必要なので、予約を入れておきましょう。
  • その他の日は、だいたい大まかに決めておいて、天気と体調を見ながら流動的に過ごすのが良い。
  • 雨も楽しむ位の余裕が大切です(^人^)

到着日

モッチョム岳

到着日はゆっくり過ごし、島の時間に体を合わせたい。

島の人や、移住してきた人とゆっくりお話をしてみよう。

バスでサウスビレッジまで移動。

チェックイン後はのんびり周辺をお散歩。

ご近所のカフェ、シーサーシーサーで珈琲と自家製アイスクリームを頂く。

晩ごはんは近くの居酒屋、はちまんへ。定食もあるし、いっぱいやるのもgood!

 

その後、天候に合わせてこんな1日の過ごし方は如何ですか?

晴れたら?・・・その1 太忠岳登山

太忠岳         

サウスビレッジでレンタカーを借りて太忠岳へ。

登山弁当を安房で購入してから行こう!(前日に予約が安心)

太忠岳はヤクスギランドを通って登山道へと進んでいくルート。
バスでも行けるが、本数が非常に少ないので自分のペースで時間を有効に使えるレンタカーが断然おすすめ。

帰りにはお買い物もお忘れなく。

安房にはスーパーが数軒あるし、お土産やさんも多い。

屋久島には素敵な工房やカフェが沢山あるので是非立ち寄って。

  

晴れたら?・・・その2 サイクリング

レンタサイクル

サウスビレッジで自転車をレンタルしてサイクリングへ。
24段ギアのクロスバイクもあるよ!

        

朝はゆっくり起きて、のんびり出発。大川の滝まで早い人で1時間程で到着出来る。

帰りには栗生ビーチのタイドプールでシュノーケルをしたり、中間のガジュマルを見たり、フルーツガーデンにも寄ろう。

湯泊温泉で汗を流して、大満足。

栗生のポンポンさんのヤクシカバーガーや松竹のおそば屋さんにも立ち寄れる?

  

晴れたら?・・・その3 蛇の口滝ハイキングへ

尾之間温泉         

温泉の隣に入り口があり、滝へと続いている。

屋久杉の森が有名な屋久島だが、低地の亜熱帯の森を思わせる森も素敵である。

サウスビレッジのキッチンでおにぎりを握ってきて、ゴールの滝を見ながら食べるのが最高。

ゴールで温泉が待っていてくれるのは、かなり嬉しいですね?♪

熱いお湯で疲れを癒して、尾之間Acoopでビールとつまみを買って帰ろう!

  

雨の日は?

サウスビレッジには本がたくさんあるのが嬉しい。

共有スペースのいろり庵で、トーストを焼いて、珈琲を淹れてまったり読書day。珈琲は屋久島の一奏珈琲の豆をサウスビレッジで購入し、自分で挽くことが出来るのがポイント。

お腹が減ったら同じ地区の、なーゆーカフェでベジプレートを食してから、お散歩がてら陶芸工房恋泊りへ。アクセサリーやキャンドルもうっているし、予約すれば器の絵付け体験なども出来る。

  

サウスビレッジのレンタカーを借りて、気ままに島をドライブ。

ヤクザル

気になってたけど行けてないお店をチェックしたり。

雨の日の大川の滝は迫力満点なので、行ってみるのも面白い。

雨のヤクスギランドを歩くのもオススメ。雨のお陰でこの島がこんなに美しく豊かである事を実感せずには居られないでしょう。

雨の写真を取るのも良いですよ。

  

ガイドツアーは?

沢登り

夏といえば水遊び。沢登りやリバーカヤックは如何でしょう。

屋久島の沢は、言葉に詰まるほど美しい!

屋久島の南部にも、実はガイド会社は多くあり、サウスビレッジまで往復の送迎もしてくれるので是非利用しよう。
(「自然のポケット」は少人数制でじっくりガイドしてくれるのでオススメ)

  

屋久島で唯一のウインドサーフィンを体験。

ウィンドサーフィン

クリオマリンベースで体験できる。世界の海を旅しているガイドさんの話を聞けるのもなかなかないチャンス。

海も本当に魅力的な屋久島です、挑戦してみてはいかが?

帰りは栗生の海で遊んだり、集落を散歩したりも楽しい。

  

最終日

屋久島サウスビレッジゲストハウス

遊びつくした日々も今日でおしまい。

最終日はまたサウスビレッジでレンタカーを借りて、西武林道をドライブし、永田浜でたそがれてから、帰ろう!

車は屋久島ユースホステルで乗り捨て出来るので、そのまま港までは徒歩で行けるので便利。

またバスチケットがサウスビレッジで購入できて、1日券から4日券まであってお得なので、車の運転できない人などは是非利用しよう。

  
Copyright(c) 2015 Yakushima Hostel Network All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com